広告を制作して製品をより多くの人に宣伝しよう

のぼりの使い方

昔も今も使われているのぼり

棒状の木や竿に縦長の旗を紐でしばりつけたものがのぼりです。 昔戦場では、流れ旗として扱われていました。旗をなびかせることで自軍の象徴、自分の存在を示すものとして掲げられていました。しかし、同じ家紋を掲げている流れ旗があり、敵味方の区別がつきにくく混乱が起きることもありました。そのため識別がしやすいように流れ旗の結び方を変えて、現代ののぼりが生まれたのです。 今では木や竿の代わりに棒状の金属パイプや、樹脂でできたものを使用しているところが多いです。 お店の看板としてのぼりを掲げたり、お店の商品名を印刷したのぼりを掲げたりと、屋外の広告として取り扱われています。 屋外に掲げることにより目立ち、その為お店の活気が高まるので、昔からの象徴という意味合いでのぼりを掲げているお店が日本で広まりました。

現代でも親しまれている理由

現代では、白黒ではなく色を豊富に使ったものをよく見かけます。 ただ掲げるだけではなく、より目立つ、より魅力的に見えるように工夫されたデザイン性を重視しています。目にとまる工夫をすることにより、よりお店にとってメリットが生まれます。 お店側は、イベントやサービスデー等で掲げていたのぼりを変えているので、お客側を飽きさせず楽しませる工夫をしています。 また、天候の良し悪しが関係なく年中無休で宣伝できる面からも、大変親しまれています。 のぼりが多ければ多いほど繁盛していると見えますし、繁盛しているということはメリットがあるとお客側は判断します。 その日、その時でお店の看板を変えられるのぼりは、これからも日本で親しまれ続けていくでしょう。